植木講習会(前期)2017年7月

植木講習会(前期)開催結果 2017年7月

1 日時及び会場
(1) 中央ブロック
  期日:平成29年7月24日(月)~25日(火) 2日間
  会場:県立相模原公園
(2)南ブロック
  期日:平成29年7月26日(水)~27日(木) 2日間
  会場:県立相模原公園
(3)緑ブロック
  期日:平成29年7月20日(木)~21日(金) 2日間
  会場:津久井中央公民館及び津久井又野公園
  全日程とも午前9時30分から午後3時30分まで

 

2 講 師  株式会社 植藤  取締役 石川照二 氏

 

3 受講者 
  中央ブロック 12名(申込者12名)(定員20名)
  南ブロック   8名(申込者 9名)(定員20名)
  緑ブロック  10名(申込者10名)(定員20名)
  合 計    30名(申込者31名)

 

4 内 容  植木の整枝、剪定の技術習得及び安全就業について

 

5 経 過
<1日目午前(屋内)>
安全就業推進員から事故発生状況、植木作業における注意事項などを説明。
① ビデオ研修 「庭づくりの基本と応用」①②(60分)

  • 代表的な樹種を例として、どの枝のどの部分をどのように切れば良いかなど、庭木の手入れのコツを分かりやすく学ぶ。
  • 整姿、剪定の目的と効果
  • 整姿と剪定の技法
  • 樹木ごとの剪定

② 講師による講義

  • 実習で作業をするが、まずは他の人と協調して仕事をすること。
  • 同じ木でも植えてある場所、季節によって手入れの仕方が異なる。目隠しとして植えてある木は、その役目を果たすように剪定しなくてはならない。発注者とよく打ち合わせをすること。
  • 作業にあたっては安全第一で無理をしないこと。また、鋏の置き方、置き場所等に注意し、他人にけがをさせないよう注意がされた。

<午後(屋外)>
 ツツジ等の刈込を中心とした実習をしながら実技指導を行った。
<2日目(1日屋外)>
 ツツジ、まさき、つげ等の刈込を中心とした実習をしながら実技指導を行った。
<講師の総評>

  • 初めて受講した会員が多かったが、その割には出来ていた。ただし、全体的に作業が遅い。高さなどを一度で決めることができれば、見直してやり直す作業が省けるようになる。

6 前期受講後の対応
  前期仮評価がC以外の受講会員については、各事務所で植木グループに紹介し、就業提供する。

 

7 その他
  今回は申込期間を十分とったうえで、電話受付としたことで、申込みやすい環境だったが、定員の約半数であった。植木就業希望者が減少するなか、希望者には即座に就業提供していくことが必要。

 

以 上

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

お知らせ

PAGETOP