理事会・技能講習会

理 事 会 だ よ り
    - 平成29年度予算編成方針固まる -

 8月30日(火)に実施された第3回理事会において、来年度予算の編成方針が承認されました。事業目標は会員数3,700人、契約額11億9千万円。今後この予算編成方針に基づき、具体的な予算案が協議されることになります。
 事業部会にて協議中の配分金見積単価基準については、県下最低賃金が確定する10月に改定案を作成します。来年度については、多くの職種で配分金が改定される見込みです。同じく事業部会にて、新規独自事業として検討している「洋服リフォーム」事業ですが、作業所などを設置する前段階として、会員向けにPRをします。同封のチラシをご覧ください。また、報告事項として「相模湖ふれあいパーク」指定管理者申請におけるプレゼン内容が、田島緑事務所長により披露されました。同施設は、現在当センターが指定管理者として管理運営していますが、5年毎に指定管理者の更新があり本年度が満了の年となっています。 

技能講習会開催
  「接客・接遇、植木、草刈機械操作、着物着付け」

接客・接遇講習会

接客・接遇講習会

 接客・接遇講習会は、6月下旬に接客に要する意識・知識が重要な駐輪場管理などの業務に就業している会員を対象として開催されました。
 講師は例年のように教育コンサルタントの猪瀬智江氏を招きました。
 受講者は3ブロック全体で75名でした。
 講師からは、センターの代表としてお客様に接する意識の重要さ、好感を与えて喜ばれる話し方、接し方などのノウハウを講義していただきました。
 今回はケーススタディーを取り入れ、グループでの話し合い、その発表も行いました。お客様対応はなかなか難しい点もありますが、この講習を役立てて就業してください。

植木講習会

植木講習会

 植木講習会は、㈱植藤の石川氏を講師として迎えて、前期として7月中旬に各ブロック2日間の日程で開催され、受講者は3ブロック全体で43名でした
 中央ブロック管内は7月13、14日、県立相模原公園内で、南ブロック管内は11、12日で、神奈川障害者職業能力開発校内で、緑ブロック管内は20、21日で、津久井中央公民館と津久井又野公園内で行われました。
 中央ブロックの講習会は、午前は、安全作業の話、樹木の剪定、樹木の切り取り、樹木の運び方などをビデオで学びました。午後からは実習で、講師の指導で公園内の生け垣の刈り込み作業を行いました。
 講師からは植木作業の一番の基本は刈り込みであること、同じ樹木でも植えてある場所によって切り方が違うのでお客様の意向をよく確認すること、また後で手直しをする必要がないように丁寧にやること、また、高さなど一度で決められるよう現場へ出て研さんを積むよう指導がありました。
 後期は10月に各ブロック2日間の日程で開催予定です。後期の講習会も受講して就業可能会員を目指して頑張ってください。

草刈機械操作講習会

草刈機械操作講習会

 草刈機械操作講習会は、㈱ニッカリの斉藤氏、他1名の講師を迎えて、中央・南ブロックは8月8、9日、神奈川県障害者職業能力開発校で、緑ブロックは8月2、3日、津久井中央公民館及び巧雲寺敷地内で行い、受講者は3ブロック全体で21名でした。
 2日間の講習内容は「刈払機の安全作業」、「蜂刺され対策」、「機械の構造と使用方法」の説明、実技として「燃料の入れ方」「エンジンのかけ方」、「機械の装着の仕方」、「運転開始、停止」、「作業姿勢、足の運び」、「刈払機の動かし方」などの説明を受けて草刈作業に習熟するべく講師からアドバイスを受けて実習しました。
 最後に各受講者毎に講習の成果を見るための実技テスト、さらに適正判定が行われました。暑い中、受講された皆さんお疲れ様でした。

着物着付け講習会

着物着付け講習会

 着物着付け講習会は6月20、21日中央事務所で、6月27、28日南大野老人いこいの家で開催されました。着物着付け教室の講師従事者 越水美知子氏を迎えて、中央、南合わせて13名の会員が受講しました。
 1日目は、浴衣の着方のテキストを基に、基本的な着付けの方法が講義され、実際に持って来た浴衣を、自分で着る実技指導が行われました。また、基本的な帯の締め方等について併せて指導されました。2日目は1日目に習得した内容を基に、人に着付ける指導を受けました。
 今回の講習では就業に役立つ技術として、「浴衣の着付け」に特化した内容にしていただき、受講者も、より就業を意識した内容になりました。最後には講師から「就業OK」のお墨付きをいただきましたので、新たに就業の場が広がることが期待されます。 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

お知らせ

PAGETOP