理事紹介

理事紹介のページでは、各ブロックの代表理事を一人ずつ紹介します。
 

中央ブロック会員代表理事  古木君枝さん

 「職業経験は皆無で、専業主婦として、もっぱら家の中の整理整頓、お料理、茶道、庭木の手入れなどを楽しんでまいりました。シルバー人材センターに入会して6年ほどなります。現在は屋内の掃除と食事の支度で就業しております。シルバーキッチン同好会の一員として料理作りを楽しんでおります。
 会員代表理事を引き受けましたが、初めてのことで、戸惑うことばかりです。先輩方のお話を聞き、活動などを参考にして、頑張りますのでよろしくお願いいたします。女性の立場から、女性会員の従業時の悩みや、就業先の開拓などで、少しでもお役に立ちたいと思っております」(山川)
 

南ブロック会員代表理事  池田晴彦さん

 南ブロック13地区の地区長が連名により会員代表として推薦され、平成28年5月30日に開催された第5回定時総会において選任されました池田晴彦理事を取材しました。
 池田理事は、センターの事業運営をより効果的に推進するために設置されている理事会専門部会の事業部会に所属し、部会長を務め、活動されています。
 「会員数は減少傾向です。会員の技術・能力を生かせる仕事がないのか。何か困っていることがないか、手助け、援助を求めていないかなど、難しいがどんどん考えていかないといけない。シルバー人材センターは公益法人であることから公共の利益を目的とし、営利を目的としない法人です。会員の技術・能力を生かした社会奉仕を進め、地域社会に密着して還元する必要があると考えます。
 高齢化が進む中、ますます「訪問型サービス」が求められると思いますので、地域社会に密着して、市、NPO、社会福祉協議会、自治会等との連携を図りながら取り組んで行きたいと思っています」
 趣味として、「相模原柴胡の会」、「陽春句会」の代表を務め、活動されています。
 池田理事は安全管理対策員2年、地区長2年、理事として現在活動しています。話すこと、食べること、動くこと、よく眠ること「話食動眠」を心がけているそうです。
 ご活躍を期待します。ありがとうございました。(松本)
 

緑ブロック会員代表理事  榊 宏さん

 現在、行っている政策についてお話を聞きました。
 「会員勧誘の一環としてカラオケ同好会を昨年立ち上げた。会員数53名を集め、溪松園にてカラオケ大会を行った。月一回の同好会はカラオケスタジオ「まねきねこ」で行っています。この会はどなたでも加入でき、入会勧誘の良き場所になっています」
 また、榊理事は北の丘センターでカラオケの司会をなされています。
 「西橋本地区の植松地区長と一緒に緑ブロックで「走らない運動会」を企画している。北総合体育館などで球技、競歩、玉入れなどの種目で競うものです。最終的にはセンター全体の事業としてやっていきたい。
 緑、南、中央の3ブロックの理事の懇談会は行われている。これを広げて他の地域の規模、環境が似ているシルバー人材センターと交流を図って良いところを取り入れたいと考えている」
 榊理事のお考えは素晴らしいと感じ、応援したいと思いました。(山口恒)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

お知らせ

PAGETOP