理事紹介

理事紹介。 各ブロックの代表理事を一人ずつ紹介します

中央ブロック会員代表理事 橋本多吉さん

 中央ブロック地区長の推薦を受け、平成28年度のシルバー人材センター第5回定時総会において中央ブロックの会員代表理事に選任された橋本理事を取材しました。
 橋本理事は理事専門部会の組織部会に所属し、会員の福利厚生を行っています。現在、全体的行事として会員演芸会を行っています。旅行は、年1回のみ行っていますが、人がなかなか集まらないので苦労されています。
 これからの取り組みとして、歌舞伎や寄席などの観劇を行うのも一考だろうとのご意見を伺いました。
 橋本さんはウクレレのサークルを立ち上げ、シルバー会員を対象に講師として4地区の講師をされています。老人ホームやデイサービスで昭和演歌や懐メロなどの演奏を行って慰問されています。今後も楽しく活動していきたいとのことです。
 ご活躍を期待しています。ありがとうございました。(小林)

 

南ブロック会員代表理事 斉藤利幸さん

 斉藤理事は理事会専門部会の総務部会に所属し、部会長を務め、安全管理委員会、地区別懇談会、駅前の清掃業務、自治会主催の行事等々に参加され、活動されています。
 総務部会会議は2ヶ月に1回、年6回開催され、基本方針・長期計画、財政、規程・規則、安全就業、運営全般等に関して審議されます。
 会員さんから「仕事がない」と多く耳にします。人材センターの基本理念でもある「自主、自立・共働、共助」が老後生活維持とお互いに助け合いながら働くことができる場が大切です。未就業会員を減少させるためにも、就業先の維持拡大、女性向け就業機会の拡充など継続して取り組んでいきますが仕事のやり方などの改善も必要であると考えているそうです。
 趣味について伺ったところ、相模原市歩く会に入り、コースの風景・環境と仲間との会話を楽しむなど、健康管理にも気を付けて、余暇を過ごされています。
 ご活躍を期待しています。ありがとうございました。(松本)

 

緑ブロック会員代表理事 岩里繁雄さん

 津久井連絡事務所にて岩里理事のお話をお聞きしました。
 岩里理事は地区役員として7年経た後、佐藤理事の後を継いで理事に就任した。現在は事業部会に所属、安全管理にも携わっている。
 会員の融和のために、かごなどの製作の会の立上げ、また地区の行事(新年会、地区懇談会、旅行会など)を通じて、会員の意見や相談事を聞き、会員の動向の把握に努めている。入会後、仕事に慣れるように、仕事の様子、やり方を見させている。このようにして草刈・植木などの後継者育成の仕組みを進めている。
 趣味は家族と一緒に過ごすことで、家族でよく集まりカラオケ、旅行、正月でいろいろな話を楽しんでいる。
 最後に外での仕事は若い人や考えの違う人と会っていろいろな話をすることが出来て楽しい。といっておられました、家族との一体感が仕事の力となっているようでした。(山口)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

お知らせ

PAGETOP