いきがい152号

公益社団法人 相模原市シルバー人材センター会報

― 主 な 目 次 ―

2ページ :会員演芸会を開催
3ページ :理事会だより、地区別懇談会、就業相談会
4,5ページ:いきがいの仲間たち、南ブロック、中央ブロック、緑ブロック、手工芸品の魅力を紹介
6ページ :安全管理委員会からのお知らせ、各種技能講習会を実施
7ページ :理事紹介(理事長・副理事長)、女性のための入会説明会の開催
8ページ :読者投稿作品、シルバーの日活動報告、人事異動、交通安全教室

 

新年を迎えて

理事長 山中 森勝

 明けましておめでとうございます。
 会員の皆様にはお健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 平素は当センターへの皆様からの変わらぬご支援、ご協力をいただき、また事業運営への格別のご理解を賜り、厚くお礼を申し上げます。
 さて、センターにおいては昨年五月の第七回定時総会において新たに役員が選出され、新しい体制で運営を図ってきました。そうした中で事業実績につきましては、契約額は前年度に比べ多少下回る見込みです。来年度は重要なお客様である伊勢丹デパートの撤退情報など、厳しい状況が考えられます。
また、会員数においては一二月初め現在で三二九三名となっていますが、今年度の目標三五〇〇名は厳しい状況です。会員の減少は全国的にもこのような状況がみられ課題となっています。
 今、全国シルバー人材センター事業協会では七年後に会員一〇〇万人を目標に運動を展開中です。この目標数字は厳しく、最近は企業の人手不足による定年の延長、再雇用等でセンターの入会者が少なくなっている現象が出ていると思います。このように社会情勢が大分変ってきていてセンターも新しい工夫が必要と感じています。高齢者から魅力のあるシルバー人材センター、生きがいを創出するセンターにするには如何にしていくか。地域にはいろいろな経歴を持つ高齢者がたくさん暮らしています。残念ながらシルバーはこの人たちのキャリアや能力を十分に生かし切れていないのかなと思っています。このような人達に健康と生きがい、社会に参加していただくため、理事をはじめ会員の皆さんと考えていきたいと思います。「シルバーに入ってよかったな」「あそこなら入りたいな」と思われる組織にして会員の増加につなげたいと思います。ご協力をよろしくお願いいたします。
 結びになりますが、皆様のご健勝、ご発展をご祈念申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

お知らせ

PAGETOP