第8回定時総会

第8回定時総会開催

 第8回定時総会が6月11日(火)午後1時30分から相模原市民会館ホールにおいて、会員3,249名のうち“出席者280名・委任状提出2,141名”のもと開催されました。
 開会にあたり山中森勝理事長から、「平成30年度は、会員数、受託件数、契約件数及び就業延人員も残念ながら前年を下回ってしまいました。会員が減少傾向にあるなか、会員拡大に向けて『一人の会員が一人の会員を』の入会紹介カ-ドにより入会促進への協力をお願いするとともに、一方では相模シルバ-そよかぜサ-ビス(ワンコインサ-ビス)などの受託件数が増加しており地域における生活支援の役割を担っていきたいと思っています。また、就業開拓推進員による民間事業所からの就業拡大に努め、新規会員および女性会員の就業しやすい屋内作業や事務系職種にしぼって会員数の拡大と受注拡大に努めてまいります。」と挨拶がありました。
 続いて、ご来賓の本村賢太郎相模原市長、市議会を代表して森繁之市議会副議長から、ご祝辞をいただきましたが、ご両名はシルバ-人材センタ-への高い評価と期待を述べられました。
 会員表彰では、センタ-の発展に寄与された、17年正会員表彰61名及び10年正会員表彰126名、会員拡大地区表彰3地区の代表が栄えある功労者表彰を受賞され賞状と記念が授与されました。
 議事では、議長に南ブロック大沼地区の木村会員が選出され、平成30年度事業報告、収支決算報告、役員の選任案と3議案、令和元年度事業計画、収支予算計画の2報告事項が上程され、すべて原案どおり承認され総会は終了しました。
 役員選任では、改選期ではないため欠員がでた相模原市南ブロック会員代表理事の福田嘉男新理事が選出選任されました。
 なお、総会に先立ち、12時30分から日本体操研究所の平岡亮一先生による軽運動と脳トレを取り入れた認知症予防などの日々のトレーニングの実践的講習がありました。(山川)

山中理事長が県シ連理事長・全シ協監事に就任

山中理事長

 当センターの山中理事長が、6月13日(木)神奈川県シルバー人材センター連合会の定時総会において県シ連の理事長に就任されました。また、6月20日(木)には全国シルバー人材センター事業協会の定時総会にて全シ協の監事に就任されました。
 就任後、山中理事長からお話をお聞きしたところ、「責任の重さに身が引き締まる思いをしています。シルバー人材センターは高齢者の福祉に資する事業を行っていると自負していますが、社会参加、仲間づくり、健康で人生100年を一人でも多くの高齢者が具現できるよう、皆さんと手を携え一歩でも前進できればと思っています。また、県下会員約34,600人が朝、家を出て就業し、無事にただいまと家に帰り、家族との楽しい団らんができるよう、就業途上、就業中の事故防止に努めてほしい」とのことでした。
 これからは、県シ連や全シ協での重責も担われることになりますが、益々のご活躍を祈念いたします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

お知らせ

PAGETOP