理事会だより

理事会だより 令和元年度 第3回理事会を開催

 第3回理事会が8月30日(金)に開催され、議案では各専門部会の部会長から提示された令和2年度予算編成方針が承認されました。
 総務部会では、受託事業等における今後の事務費のあり方や、会員数・受託件数・契約額・就業率等の今年度見込みを踏まえ、来年度の事業目標が確認されました。
 事業部会では、来年度以降の配分金見積単価基準や、会員向け・一般高齢者対象の講習会の開催に関すること、当センターのHPにおける今後の計画等について確認がされました。
 組織部会では、組織強化や、会員拡大への具体的な取組み等について確認がされました。
 また、令和元年11月10日(日)に実施される「シルバー祭り」(緑区で試行的に先行実施)の目的や内容等について確認がされました。
 

一般高齢者対象講演会を開催

 相模原市内在住の60歳以上の一般高齢者を対象に、当センターの紹介を通して、より多くの方に理解をしていただき、入会促進を図ることを目的として、6月20日(木)市民会館第1会議室において「明日から地域で使える超コミュニケーション能力」についての講演会を開催いたしました。講師は、元お笑い芸人(吉本興業)の方で、現在様々な研修講師としてご活躍されている西野義次氏。受講者は54名(男性16名、女性35名)でした。内容は、まずコミュニケーションを図る際の行動(表情、目線、声)と精神(判断、瞬発、受容、対応、協調性)についての講演があり、自宅でも簡単に実践できるトレーニングとして、毎日顔や目の筋肉を動かしたり、発声練習を行うことによって、好感を得る表情と声をつくることができるといった紹介もありました。西野氏が経験した著名人とのやり取り等も交えながらの講演に、受講者は終始、関心を持って耳を傾けておりました。
 

受講者アンケート集計結果

  1. あなたの年齢を教えてください
  2. あなたはシルバー人材センターを知っていますか
  3. シルバー人材センター入会したいと思いますか
  4. シルバー人材センターに対するイメージや要望等を
    自由にご記入下さい(※主な回答を抜粋)
  • 名称の変更を検討するべきでは。(働く側もシルバーという名称に抵抗がある)
  • 登録している方が生き生きと活動している好印象がある
  • もっと多様に仕事があると思った。自分には活動の場が無さそう
  • 年会費を納めても仕事があるかどうか心配
  • 高齢者が生き生きと働いている姿はとてもうらやましい
  • どのような仕事を紹介しているのか分からない
  • 社会参加の手助けとなる大事な役目を果たしていると思う
  • 経験を生かせることは良いことだと思う
  • 低料金だが、無理なく働ける
  • DVDで同好会を初めて知り、良いと思った
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

お知らせ

PAGETOP