日帰り旅行

各ブロック日帰り旅行の開催

南ブロック 会員交歓会日帰り旅行記

 前日までの雨天予報。7月1日月曜日の早朝、晴れ女・晴れ男の集団は、当然雨は降らないと確信して出発しました。
 参加会員44人の日頃の心掛けを乗せて中央ハイウェイを快走、一路甲斐の国へ。
車中では早速、酒盛り大会・のど自慢大会が開催される中、笹子トンネルを抜けると雲は高く、甲府盆地を抜け、最初の訪問先の天然記念物・昇仙峡へ。ウィークデーの観光地よろしく貸し切り状態。数回訪問の経験者からも「薄曇り中の奇岩群に初めて見る景色」との声もあるほど、初夏の深緑の中、別世界の岩山・巨石群がそこにありました。
 梅雨を集めて轟音とともに下す仙娥滝、今にも落ちそうな石門を潜り、アップダウンが続く遊歩道を散策すると、おなかもぺこぺこに。早速、甲州名物が待つ食事処へ直行。
モツ煮発祥・そば処で有名な名物店でお昼を存分に堪能、若き女性に見送られて、青木ヶ原をぬけて次の訪問地 忍野八海へ。
 到着すると、そこは聞き慣れぬ言葉が飛び交う外国かと見紛う観光地。昇仙峡とは打って変わって人・人・人。そんな中でも一際静かな榛の木林資料館を訪れて、忍野村最古の茅葺の屋敷と底抜池を優雅に散策。併せておみやげも調達。
 帰路は、中央道最大のサービスエリア談合坂で一息をして、帰りを待つ家族へのお土産を手に手に揚揚と帰路につきました。帰路も小仏(別名・おとぼけ)トンネルの渋滞もなく、和気あいあいの車中カラオケ大会の中、順調に麻溝に到着。その後も遅れもなく降車地へ向かうことができ、とても楽しい甲州路の旅になりました。
 今回も旅行を援助して頂きましたシルバー人材センターの皆様に厚くお礼を申し上げます。(日帰り旅行幹事一同)
 

中央ブロック 会員交歓会日帰り旅行記

 9月10日(日)天候に恵まれ、全員元気で楽しい思い出の1ページを作ってきました。
 参加者は38名で女性は6名と少し寂しかったのですが、冷房が効き快適な車中は、シルバ-センタ-からの差し入れを頂きながら、久しぶりの再会で話も弾みました。
 しかし、出発前の8日には台風15号の影響で千葉県に甚大な被害をもたらし、相模原市も「警戒レベル3」が発令されるなど、旅行が危惧される気候でしたが旅行前日には警戒も解除されました。
 旅行当日には台風の心配もない日となりましたが、気温が高く熱中症に注意が必要でした。
 コ-スは圏央道から東名高速道路経由にて御殿場ICで降り、最初は「秩父宮記念公園」の見学です。園内には殿下の防空壕等もあり、戦中の悲惨な情景を思い起されました。
 その後は三島でメロン狩り(1玉お土産付き)・昼食(メロン16分の1の試食付き)・伊豆めんたいパ-ク・旭滝の見物、最後は沼津干物店でお土産買いを行い帰路につきました。
 道路は行きも帰りも渋滞に遭わずスムーズで予定通り17時頃に帰着しました。伊豆めんたいパ-クでは他の団体のメンバ-が救急搬送されるなど熱中症が心配される日でしたが、相模原シルバ-の会員は誰一人暑さに負けずお土産を沢山下げ、再会を期しそれぞれ帰路につきました。(日帰り旅行幹事)

PAGETOP