理事会だより(令和2年度事業計画)

 第6回理事会は新型コロナウイルスの影響に配慮し、各役員に議案を送付し書面により賛否の意思表示を得る方法により行われました。
 議案として令和2年度事業計画などが提案されました。事業目標は会員数3,600人、契約額11憶9,000万円。あわせて令和2年度収支予算が提案されました。受託事業収益として11憶9,000万円が計上され、総額13憶1,600万円の予算編成となりました。提案の主な内容は次のとおりです。
・当センターでは女性会員の割合が低いため、女性の入会促進を目指し「女性のための入会説明会」とともに、新たに「(仮称)メイクアップ講習会」を開催。
・情報発信について、ホームページの管理体制を再検討し、分かりやすく迅速な情報提供を図る。
・県シルバー人材センター連合会が開催する講演会に共催し、大勢の参加者に対して、シルバー人材センターを広く紹介し、会員拡大を図る。
・地区班を通じて市内在住の高齢者を対象としたアンケートを実施し、センターに対するニーズや就労意欲について調査。
・新たな会員獲得のため、市内在住の高齢者を対象とした植木の手入れ及び毛筆筆耕の講習会を開催。
・引き続き就業開拓推進員を配置し、企業等を訪問し就業機会の拡大を図る。
・一人一就業開拓を会員に呼びかけ、就業機会を創出してより多くの受注が得られるよう努める。
・配分金見積単価基準について、令和6年度を目途に配分金単価と神奈川県下最低賃金との格差を是正する検討を進める。
・事務費率を10%に改定し、自主財源の確保に努める。
 また、役員の任期が6月の第9回定時総会までとなっているため、役員候補者が提案されました。今後、第9回定時総会において議案として提案され、総会の議決をもって役員に就任します。
 この他、令和3年度に「(仮)シルバーまつり」の実施を目指し、シルバーまつり検討委員会の設置や職員就業規則等の議案が提案され、全ての議案は承認されました。

令和2年度年間事業予定表