理事会だより
-理事長・副理事長・常務理事が選任されましたー

5月15日、第1回理事会は新型コロナウイルス感染拡大に伴う「緊急事態宣言」のため、各役員に議案を送付し書面により賛否の意思表示を得る方法により行われました。
議案として役員選出要綱の一部改正が提案されました。従来、理事には行政選出の理事が参画していましたが、公益法人としての自主的・主体的な運営を更に進めるため、今後は選出をしないこととしたものです。また、特別会員の入会承認が提案されました。これは柿沢常務理事が任期満了により退任するため、新たに行政経験が豊富な新津昭博氏を特別会員に承認するとともに、補欠役員候補者として提案されました。他には、令和元年度事業報告及び決算報告、表彰規程に基づく被表彰者などが提案され、各々の議案は承認されました。
報告事項では代表理事及び業務執行理事の職務執行状況、各事務所の令和元年度事業目標結果及び令和2年度事業目標などが報告されました。
6月11日、第9回定時総会終了後に臨時理事会が開催されました。議案として代表理事及び常務理事の選定が提案されました。最初に常務理事について、柿沢前常務理事の後任として新津昭博理事が、理事長については神奈川県シルバー人材センター連合会の理事長を務めるとともに、全国シルバー人材センター事業協会の監事を務める中央ブロック会員代表の山中森勝理事が承認されました。副理事長については事業発展のため活発に意見を提案されている南ブロック会員代表の清水薫理事が承認されました。次に理事会専門部会の構成について審議され、各々の理事の所属部会が決定しました。各理事は総務・事業・組織の3部会に分かれ、理事会に提案する議案等を審議していくことになります。(構成は6ページ参照)。

地 区 長 紹 介 ※印は、新任地区長(13名)