励みの広場

ここにいます。
いきがいの仲間たち

 

植木の手入れで就業する青柳さんと鈴木さん
【中央ブロック】

 淵野辺本町3丁目にて植木の手入れで就業する青柳啓五さんと鈴木和夫さんにお話をうかがいました。
 植木の手入の基本は、枝の一枝ずつをよく見ることだと話されました。手入れの目的は、目隠し、出来栄え、病害虫の予防だということです。特に6月ごろから病虫害が出るので注意が必要とのことです。
 就業時間は午前9時から午後4時ですが、都合によっては時間が伸びることもあるそうです。雨の日は延期になります。
 仕事の難しいところは、ゴミの片付けで、家庭ごみに出してもらうか、センターの回収か?また、庭(現場)によっては、梯子の立て方に苦労します。そして、お客さんに喜んでもらうためには、お客さんが何を要求しているかをよく理解し、出来栄えや費用を安くということと、出来るだけ1日で終わることだそうです。

鈴木さん  青柳さん

 やりがいはお客さんに喜んでもらうことと自分も気持ちよく満足にできたということとのこと。
 青柳さんは、囲碁や将棋がお好きで囲碁や将棋が載っている新聞や雑誌をよく見て考えることと、ウォーキングでは境川周辺を歩き、時には薬師池公園まで歩かれるそうです。
 鈴木さんは、季節によりハイキングをされ、山菜や茸採りをされるそうです。今は植木の仕事がうまくなりたいとのことです。仕事をやると元気になり、夕食に一杯するのが楽しみだそうです。
 お忙しい中、取材へのご協力をいただきありがとうございました。(小林)

青山親水公園のトイレ清掃で就業する奥津さん
【緑ブロック】

 青山親水公園は三ケ木バス停より歩いて30分から40分位歩いた道志川のそばにある静かで美しい公園です。春は公園の周りの桜が美しく、5月の新緑はきれいで癒されるところです。取材に伺った時は道志川で子供たちが水遊びで楽しそうにはしゃいでいました。公園の芝生で犬の運動をさせる人も多いとのことでした。また、すぐそばに三太物語発祥の地に建つ静寂な三太旅館があります。
 奥津惠子さんは公園のトイレ掃除を初めてから3年から4年ぐらいになるそうです。
 清掃は一週間に1回午前8時から午前10時までの2時間ですが、作業の日時は自分の都合の良いように決められるという事でした。清掃の範囲は公園に1台設置されている簡易トイレの便器、内壁、外壁、トイレ回りの清掃及びペーパーの交換です。そばにある公園駐車場に捨ててあるたばこの吸い殻の片づけ、夏季には周りの草刈りも行うそうです。
 来訪者と話す機会が楽しいようで、「いつもきれいにしてくれてありがとう」と言われるとうれしく、励ましにもなり、やっていてよかったと思うとのことでした。
 趣味を伺うと、自治会館、地域センターなどで地元、近所の人達との対話が本当に楽しいと話されていました。近頃はコロナの影響で公的機関が休みになって、集まれないので夕食後の暇な時に好きな習字を行う「自称フリー書道」を楽しんでいるそうです。また、スマホを持っているがなかなか操作に慣れなく、お孫さんとの話が出来ないのでそばに行きたいのに、コロナで危険だから来ないでと言われているのが悲しいと話されました。コロナが早く収まるのを願うばかりです。
 取材にご協力いただきありがとうございました。(山口)

相模女子大学小学部でやぎ飼育補助をする丸山さん
【南ブロック】

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除された中、5月30日(土)に相模女子大学小学部で就業する丸山滿さんを取材しました。
 小学部は小田急線相模大野駅北口より徒歩10分に位置し、学校法人相模女子大学の学園内にあり、少人数教育によるきめ細かい指導、魅力ある授業、分かる授業に取組むと共に、子どもたちの一人ひとりの感動体験を大切にし、課題に対し粘り強くチャレンジし、自ら学ぶ子どもたちの育成に取り組んでいます。
 就業は毎週土曜日、午前9時から午前10時まで、実働1時間です。就業内容は、バニラ(やぎ)を組み立て式木柵「さがみ牧場」(おやじの会が作成)へ移動させた後、小屋内の清掃、えさやり、やぎの運動を兼ねた散歩とグランドの芝生、畑の雑草を食べさせるなどです。
 2年生が中心となって世話をしているバニラは平成26年2月19日生で現在6歳となり、小学部のシンボルであり、学園のマスコット的存在となっています。
 平成3年から低学年総合学習の一環として動物飼育活動が推進され、12年間飼育してきた先代のミルク(5代目やぎ)が2学期の始業式の翌日に老衰のため亡くなり、「死」について感じ、学ぶ機会となったそうです。
 「新型コロナ禍により、新しい生活様式が始まり、今は外出を自粛している状態です。仲間と一緒に一杯飲みながら雑談が出来る日が来ることを願っています」と話されていました。
 ご協力いただき、ありがとうございました。(松本)

安全管理委員会からのお知らせ

就業会員の事故発生状況】

 令和元年度の事故発生結果は、全体で34件(昨年24件)発生し、昨年度比10件増加となりました。内訳では、傷害事故が17件(昨年度14件)、賠償事故が17件(昨年同月10件)でした。
 特に、就業途上事故は8件の内6件が自転車による事故でした。また、車での事故も増え、就業途上事故が1件と就業中の事故が4件発生しています。安全運転には十分に注意して下さい。
 一方、令和2年度の事故も5月末までに清掃作業で2件、除草作業で1件の合計3件発生しています。常に作業は「安全第一」を意識し、作業基準を守って就業しましょう。

【熱中症に注意しましょう】

今年も、熱中症の多発する季節がやって来ました。こまめな水分補給、日頃の体調管理、十分な睡眠が大切です。詳細は、会報の添付チラシをご参照下さい。